分譲型太陽光発電のおすすめ業者ナビ

サイトマップ
分譲型太陽光発電のおすすめ業者ナビ

おしえて!土地付き・分譲型太陽光発電の売買のすべて 

分譲型太陽光発電のメリットとは

メリット1
土地がなくても太陽光発電を始められる
土地や屋根といった土台がなくても太陽光発電を運用できる、というのが土地付き分譲型太陽光発電の大きな特徴です。日当たり等、専門家が入念に吟味しているため、発電量にも不安がありません。
メリット2
スケールメリットでコストを抑えられる
自分で土地を探し発電設備を設置するのに比べ、分譲型は広い土地にまとめて建設されます。その分スケールメリットが生まれ、運用時のコストを低く抑えることができます。
メリット3
高い利回りが見込める
分譲型太陽光発電の想定利回りは、8~10%前後と、他の投資と比べても高い水準にあります。また、運用リスクも少なく、長期間の安定した収益が見込めます。
メリット4
基本的にメンテナンス・管理が不要
分譲型の太陽光発電は、購入業者か施工業者(もしくは専門の管理会社)が定期的にメンテナンスを行ってくれます。管理の手間がいらない上、何か異常が起こった場合でも、適切・迅速に対応してもらえます。
メリット5
事業用の不動産ローンと比べ、低い金利で融資が受けられる
金融機関の中には、事業用の不動産ローンと比べ、低金利で太陽光発電向けのローンを用意しているところがあります。やり方次第では、不動産投資よりも低リスクで、高いリターンが見込める資産運用が可能です。
メリット6
投資をしながら社会貢献できる
太陽光発電では、二酸化炭素を発生させることなくクリーンなエネルギーを得られます。その社会的意義は小さくありません。資産運用をしながら、環境問題に貢献することができます。
特集

分譲型太陽光発電を
販売する定番3社

分譲型太陽光発電の購入を検討するとき、まず目が行くのは利回りですよね。どの販売業者も、参考情報として「表面利回り」を載せていますが、その計算式は各社まちまちです。

太陽光発電投資の運用において、業者選びは非常に重要です。リスク回避やライフマネープランにも大きく関わる領域となりますので、それらをオールインワンで相談できるようなパートナー選びが不可欠となります。業者の選び方と太陽光発電投資の最新事情について、下記のサイトも合わせてご確認のうえ慎重に検討してください。

太陽光発電投資の収益構造最新事情|FPが教える太陽光発電投資

今から始める太陽光発電投資のススメ

当サイトでは、数ある業者の中から、表面利回りの内訳をしっかり明示しており、運用後の売却までワンストップで頼れる販売業者を3社ピックアップ。情報をまとめてみました。

<おすすめ3社の早見表>

/ クラベール ソルセル リンクス
掲載物件数 30件 24件 18件
表面利回りの
わかりやすさ
システム代・土地代等初期費用すべて込みでわかりやすい システム代・土地代等初期費用すべて込みでわかりやすい 土地代は含まずとの記載あり(別途計算が必要)
売電
シミュレーション
物件ごとにPDF資料をWEBで公開 要問合せ 物件ごとにWEBで公開

※情報は2016年3月時のものです。名称をクリックすると各社公式サイトへ移動します※

各社の詳細情報は以下の通りです。ぜひ参考にしてみてください。

分譲太陽光発電販売業者・クラベールのキャプチャ

クラベール

運用中の投資家から高い評価を得る

太陽光発電投資の有力企業

取り扱い製品の特長
取り扱い製品の特長
■独自の基準で分譲型太陽光発電を格付け
■10段階の基準中、質の高い上位4段階をシリーズ化して販売
■採用機材は第三者機関の二重保証の有無を確認
■自分でつくれる太陽光発電キットも取りあつかい
サービス力
サービス力
■ワンストップで太陽光発電の各事業に対応可能
■中古太陽光発電の仲介サービスも展開
■専任コンサルによる施工業者のマッチングにも対応
売却仲介の査定について
売却仲介の査定について
■専任コンサルタント制でしっかり査定
■的確なシミュレーションで適正価格を算出
■物件情報が妥当なら売主の意向を最大限に反映

「問合せ時点から対応が非常に丁寧で、説明もわかりやすかったです。こちらの要望もよく聞いてくれ、納得のいく物件を紹介してもらうことができました」

「実績のある会社のスタッフは対応から違うように感じます。信頼できる受け答えをしてくれたので、こちらでお世話になることにしました」

「売却でお世話になりました。査定額は高かったのに、手数料は最安レベルで、対応もよかったです」

クラベールについてさらに詳しく知りたい方はこちら >>
分譲太陽光発電取り扱い業者ソルセルのキャプチャ

ソルセル

関連会社にパネルメーカーを持つ

実績抱負な太陽光発電業者

取り扱い製品の特長
取り扱い製品の特長
■ソーラーパネルの関連会社があり海外に工場を保有
■他社にはない豊富な販売ルートを活用し売買できる
サービス力
サービス力
■最短2週間で現金化することが可能
■手数料は販売価格の3%
売却仲介の査定について
売却仲介の査定について
■ヒアリングや自社データをもとに査定額を算出
■査定額の算出基準についても開示している

「サポートも充実しているし、何より利回りが高いのがいいです。優良物件が揃っているな、という印象でした」

「書類の手続きに手間取って相談を持ち掛けたのですが、そのときの対応が丁寧で分かりやすかったです」

「中古物件の購入でお世話になりました。格段に安く、とはいきませんが、適正な価格の物件が多いです」

ソルセルについてさらに詳しく知りたい方はこちら >>
リンクス公式ページキャプチャ

リンクス

公認会計士やFPと連携し、

柔軟かつ合理的な資産運用をサポート

取り扱い製品の特長
取り扱い製品の特長
■3000万円までのクレジット購入に対応
■出力抑制補償・自然災害補償・売電利益補償をパックで提案
サービス力
サービス力
■太陽光発電専門のコンサルティングにも対応
■公認会計士やファイナンシャルプランナーと連携
■年間8万円からのフルサポートメンテナンスあり
売却仲介の査定について
売却仲介の査定について
■社内の査定基準にそって算出
■仲介経験豊富で査定が正確
 

分譲型太陽光発電の
導入の流れ

~問い合わせから運用開始まで~

 

【1】問合せ・相談
まずは分譲型太陽光発電マッチングサイトや一括見積などを活用し、希望条件に見あう物件を探すことから始めます。希望物件が見つかれば、メールなどで業者へコンタクトをとりましょう。
【2】販売業者からの連絡
問合わせた業者からの連絡がきます。ここでは、物件のより詳しい状況やメンテナス、資金面についての相談をしておくといいでしょう。
【3】物件の現地確認
業者立会いのもと、現地確認をします。分譲型太陽光発電は安くない買物ですから、なるべく現地へ行き、自身の目で確認すること。設備だけでなく、日当たりや周辺環境も要チェックです。
【4】契約
現地確認の結果と、発電予測や保証内容などに納得すれば、契約書にサインです。ただし、価格・設備・メンテナンス、どれか1つでも引っかかるようなら、徹底的に業者と話し合ってください。
【5】各種申請
契約とあわせて、行政などへの各種届出・申請もしておきます。販売会社によっては、こうした諸手続きを代行してくれるところもあります。
【6】設置工事・運用開始
書類上の手続きに不備がなければ、いよいよ設置工事。設置完了後、試運転で問題がなければ運用開始です。

土地付き太陽光発電を運用するときに知っておきたいこと

どんな投資もそうですが、実際に始める前にまず一通りの基本は押さえておきたいところです。以下にまとめた各ページで、分譲型太陽光発電の基本について解説しています。
業者に問い合わせる際の下地として、一読してみてください。

賃貸と購入の違い
土地付き太陽光発電を運用するにあたり知っておきたいのが、土地を「賃貸」するか「購入」するかの違い…
メーカーごとの違い
国産のパネルメーカーと海外のパネルメーカー、いったいどのような違いがあるのかをリサーチしてまとめて…
利回りについて
太陽光発電の利回りについてリサーチ。駐車場経営やマンション投資など、ほかの主な投資商材とも比較…
導入の流れについて
土地付き太陽光発電を導入・運用するまでの大まかな流れや、設置における豆知識についてまとめてみました。…
ローンについて
太陽光発電投資について、頼りたい金融機関について調べました。じつは銀行は太陽光発電についてあまり…
維持費や保証について
太陽光発電はメンテナンスフリー、とよく言われますが、じっさいはある程度のランニングコストが必要です。…
物件の選び方
土地付き太陽光発電を選ぶ際、注意しておきたい3つのポイントをまとめています。その後の収益を左右する…
不要になった場合
見逃しがちな太陽光発電の出口戦略についてまとめています。知っておきたい売却のタイミングについても…
注目

売却戦略の重要性

分譲型太陽光発電の導入を検討している人は、そのほとんどが高い利回りを生かした運用を目的としていることでしょう。
資産を有効に活用し、かつエコロジーな太陽光発電の運用は実に理にかなった投資です。10年、20年と安定した利益を生み出してくれるのですから。
しかし、太陽光発電もいずれは寿命がきますし、賃貸の分譲型太陽光発電であれば土地の賃借権の問題もあります。
あらかじめ最終的にどうするのか検討をつけておかないと、いざという時に不要な損をしてしまうかもしれません。
そのためにも重要となるのが、出口戦略。分譲型太陽光発電においては、売却、ということになります。
ある程度の運用期間が過ぎたら、適度なタイミングで売却して利益を回収することもかしこい運用法です。
近年は、そういった中古の太陽光発電の売却を仲介するサービスも増えつつあります。可能な限り収益を最大化させるためにも、そういった時代の流れは押さえておくとよいでしょう。
売却には売却についての知識が必要ですので、売却の経験が多い業者を選ぶことが何よりも重要です。売却については下記のサイトが詳しく載っているので参考にしてみてはいかがでしょうか。
参考サイト:手持ちの太陽光発電所の価値は目減りしている?高値で売却するために

免責事項
このウェブサイトは、管理人が独自に行ったリサーチをベースにしてまとめたものです。正確を期していますが、誤りがあるかもしれません。ご了承ください。また、取り上げている各販売会社の最新情報は、公式ページでご確認ください。

分譲型太陽光発電の販売
会社お薦め3社

クラベール

クラベール公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●購入・売却仲介までワンストップ対応
●実績豊富で、スタッフの提案力も◎
●口コミでは高品質・低価格と評判
公式サイトで詳しく>>

リンクス

リンクス公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●太陽光設計士のコンサルタントが在籍
●会計士やFPと連携して投資を支援
●中立的な立場からの丁寧な助言に定評
公式サイトで詳しく>>

ソルセル

ソルセル公式ページキャプチャ
おすすめポイント
●関連会社にパネルメーカーがある
●独自ルートから豊富な物件を用意
●会員登録すれば非公開情報を随時配信
公式サイトで詳しく>>